読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

スピード感

駒の動きはサイコロの出た目の数だけ、縦横のみ1マスずつと決めていたのだが、「直線は一歩で行ける」など将棋の駒のように個性を付けたらどうかというアイディアが浮かんだ。

市松模様の床

盤面を色鉛筆で塗ってみた。色鉛筆を手に持つこと自体、もしかすると数十年ぶりかも知れない。

スピンオフ的なエピソード

白雪姫と七人のこびとの住む家の戸棚に「毒りんご」がある。 という設定がこのゲームにはあって、ゲームが進むと必然的に、かつ自然にコロン、と出てきてしまう。しかも5つもである。終了条件に関わってくるのだが、グリム童話やディズニー映画と噛み合わな…

平屋から二階へ

全体を三階建てにしたらどうかという考えが頭をよぎる。 が、さすがにやり過ぎ感があるので、とりあえず二階建てで図面を考え直す。

駒や着せ替え人形の話

試作品用の駒を作ってみた。

二階の床に穴が開くという場面

サンタと七人のこびとたちの戦いの場となる家屋の配置図や全体のマップを作ってみた。

「サンタクロースvs白雪姫と七人のこびと」

いま考えている作りかけのゲーム全体をもっとコンパクトに圧縮して、枝葉を切り落として「サンタクロースvs七人のこびと」という設定にする転用案を急に思いついた。