水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

ハイジャック

「優越感」(または「小富豪」)

「ハイジャック」のカードを使って行うゲームをまた考えた。 「優越感」という仮タイトルで、3~5人くらいの人数が望ましい。 これもまた単純なゲームである。

完売いたしました!

完売いたしました!

「このゲームで一番やりたかったことはなんですか?」

ゲームマーケットが近くなってくると、「おつりを用意しましょう」とか当日の注意事項はこれだ、とかいった有益な情報がツイッターで流れてくる。

人生と「ハイジャック」

「ハイジャック」は元々、別のゲーム用に作ったカードを無理やりにトリックテイキングに当てはめただけのゲームである(ちなみに当初の案では「地獄の心臓配達便」もあった)。

雰囲気が出てきた

「ハイジャック」の箱を作って、チラシは作る時間がないので宣伝用のカードを作ってみた。

包み紙を作ってみた

箱だけだと貧相なので、包み紙を作ってみたら良いのではないか?と考えて、ちょっと作ってみた。

「ハイジャック」は500円ゲームです!

もともと「5×5(→エアライン)」というゲームをあれこれ考えていたのだが、点数計算が複雑になるので却下して、同じカードを使った「ハイジャック」を中心に置くことにした。 「ハイジャック」はシンプルなトリックテイキングで、子供でもすぐできる。ただ…

ハイジャック

「エアライン」のカードで、初歩的なトリックテイキングができるように「地獄の心臓配達便」というゲームを考えたのだが、余りにも単純すぎて人に勧める気になれない。