水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

ルールの説明

 

スポンサーリンク

 

自作のすごろくについて、毎日あれこれと考えている。

保険という要素を組み入れたすごろくで、自分は特別にゲームが好きな訳でもなく、所有ボードゲーム数はゼロだが、考えていると楽しい。

考え始めて、試しに作ってみたら止まらなくなってきた。

いま試作品は第四号まで完成しており、今日はすごろくのコマを進める盤面もできた。

今度はルールを清書してみたい。

 

ルールを書くときに、どのくらいまで細かく書く必要があるのだろうか。

 

大まかなルール

【プレイヤーが順番にカードを引いて進める すごろくです。】

 

これで大体は通じると思うのだが、紙に書いて渡す場合は厳密に、もう少し段階的に書く必要がありそうだ。

 

シンプルなルール

 

1.プレイヤーが順番にカードを引いて進める すごろくです。

2.カードの指示にしたがってサイコロを振ったり、コマを進めたり、保険や宝くじをゲットしながらゴールを目指します。

3.最初にゴールに着いたプレイヤーが勝ちです。

 

次は、カードの説明や注釈を書こう。