読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

試作品に保護フィルムを貼る

ゲッティング・ベター

 

スポンサーリンク

 

試作品を3~4つ作っている。

カードと盤面のうち、今回はカードの部分の話である。

「名刺サイズのカードに、ワードで作成したカードの文面を印刷して貼っただけ」

というものを作って、これを使ってみながら実際に楽しくゲームができるかどうか、適正なプレイ人数は何人くらいか、特殊な効果をもたらすカードに予期しなかった効果やデメリットはないか、などを検証するのである。

 

これまでに使った材料の一部を紹介してみたい。

最初は、タダでもらった葉書サイズのメモ用の厚紙を半分に切って作った。

 

www.haguruma.co.jp

 

↑この「0円ペーパー」というやつである。封筒をまとめて買うと、おまけのような形でメモ用紙をくれる。

 

次は、文房具コーナーで普通のカードを買って作った。しかしペラペラで使いにくく、カードをシャッフルする(切る)という作業がしづらい。

 

 

もう少し厚めの紙はないかと思って探すと、「厚口」という商品が見つかった。

しかし、これに水滴がつくと文面が滲んでしまうので、

 

エーワン 透明保護フィルム 84×52mm 79310

エーワン 透明保護フィルム 84×52mm 79310

 

 

名刺サイズよりひと周り小さい、84×52mmの保護フィルムを貼ってみた。ただし60枚で350円は、安く値引かれているとはいえ少々高い。

54枚のカードを手作りで作ると、紙代と保護フィルム代だけで軽く1000円は越えてしまうのである。

 

 

またもあれこれ物色していると、紙厚0.355mmというカド丸の名刺用紙を発見した。ちょっと見た感じではゲームっぽさが増している。

とりあえず試作品の最終段階としてこれを買って、保護フィルムを貼ってみたい。