読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

新しいカードを作る

ゲッティング・ベター

 

スポンサーリンク

 

前回のテストプレイで、まだまだ改良の余地があると感じた次第である。

予定では8月初めくらいから、希望者に貸し出しをするつもりでいたのが、もう半月が過ぎてしまった。

改良と言ってもカードを減らすことになるので、減らした分だけ何か新しくて、面白い要素を加えなければならない。

 「桃太郎電鉄」に似ているという意見を複数の人から言われたので、借りてやってみた。このゲームもベースはすごろくなのだが、モノポリー風に土地の店やら何やらを買い占めるのがみそである。

 

桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻

桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻

 

 

それはいいのだが、とにかく所持金がどんどん減る一方で、増やす目途が立たないまま、巨大なボンビーに邪魔されて一駅ずつしか進めなくなってしまった。

あとはチャカチャカした目障りなアニメと音楽が延々と続くだけで、ゲームというよりパチンコのような印象を受けた。しかし説明書に特殊な効果をもたらすカードのリストがあって、これを読むのは面白く参考になった。

 

その影響もあってかどうか、今日は比較的良いアイディアが浮かんだ。

 

1.逆流カード

 

このカードを引いた人だけは、本来の「進む」と「戻る」が逆転する。

「ゴール」と「ゲームオーバー」のマスの意味も逆転する。

「ゲームオーバー」のマスに到着したら勝ちである。

大富豪の「革命」を一人だけに起こさせるような感じである。

 

 

2.ほどこしカード

 

このカードを引いた人以外の全員が3マスすすむ。

このカードを引いた人は5マスもどる。

「自分が犠牲になって、他の人へ施しを与える」という聖人チックなドラマが一瞬だけ生まれる。負けている人がこのカードを引いたら面白い。

 

 

「生命保険」はこれまでとは異なる効果を考えて、一回限りとする。

「保険無効カード」も復活させたい。