読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「捜査官」から次の段階へ

 

スポンサーリンク

 

「めちゃくちゃ捜査官」は、自分でテストしてみると論理的に矛盾している箇所がいくつか見つかった。

何が矛盾しているかというと……。

説明していると長くなるので詳細は省くが、「捜査官」よりは「泥棒」「海賊」「廃品回収業者」などの方がより矛盾なく、筋が通ってくることに気づいた。

さらに、もう少しひねった別の人物群を想定すると、もっと面白くなることに気づいた。

「気づいた」というより論理的に道をたどって、ついに解を発見して、さらにその先の解決策も見つかったので、ほぼ完成形がすっきり見えてきた。

 

 

まるで、噛み合っていなかった歯車がいくつも噛み合って、グルグルと周り始めたようである。

同時に、ルールも細部も行為も点数も、総合的に分かりやすいゲームになった。

これこそ完成品、といえる日が来るまでタイトルは伏せておこう。

今日は「雑談」以外にも、「原始時代のあなた」「野球部の一年生」「ぐうたら小学生」などあれこれ別ヴァージョンを考えついたが、それらを全て没にできるほど大きな進歩があった。