読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「放課後さいころ倶楽部」を読んだ(7巻まで)

ゲーム関連の本

 

スポンサーリンク

 

放課後さいころ倶楽部」というボードゲームを題材にした漫画があって、やっと最新刊の7巻まで読み終えた。

実は少し前に1巻だけは読んでいて、なかなかゲームの話にならないので2巻以降は読むべきかどうか迷っていた。

しかし、勧められて読んでみたら色々と刺激されて、製作途中だったすごろくもかなり進展し、ついでに「猿蟹将棋」という変則将棋まで思いついた。

1巻の表紙絵では、どう見ても中央の栗色の髪の子が主人公風である。

 

 

ところが実は、青い髪の子が主人公なのだ。

腕を組んで盤を眺めている眼鏡の優等生はゲーム作家志望で、この子がゲーム作りに失敗したり悩んだり進歩したりする様子が他人事とは思えないほどリアルでよい。

 

 

7巻まで読んだ後で振り返ると、1巻は前置きというか、そこそこ長い話を描くための土台になっている。そもそも7巻まで続くことは計算外だったようで、後付けでこれほどバランスを整えていること自体が相当すごい。

最新の7巻で一旦はお終いのような雰囲気になっていて、タイトルがセリフとして出てくるお約束的な場面など、いかにも「シーズン1」の最終話といった趣である。海外のドラマが2シーズン、3シーズンと続いていって先細りするケースと、ますます面白くなるケースがあるが、この漫画は後者であってほしい。

今後は採り上げるゲームを選ぶのが難しくなることが予想されるため、方向性が「ゲームの紹介」でなくドラマ部分やゲーム作りの比重が大きくなるのかもしれない。

個人的には眼鏡の子の方が青髪の子よりもずっと主人公的名な存在なので、今後はこの子の作るゲームが気になる。よって8巻も出たら読むだろう。

 

gekkansunday.net

 

↑ここで第一話を読めるので、興味のある方はどうぞ。