読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「猿かに将棋」 その2

さるかに将棋 変則将棋

 

スポンサーリンク

 

「猿かに将棋」に登場する駒たちの紹介の続きである。

 

f:id:ankoro:20160830113106j:plain

 

まずは「栗金(くりきん)」!

金と同じ動きで、読み方は当然「栗きんとん」を意識している!

 

築地魚群 築地高砂屋の栗きんとん

築地魚群 築地高砂屋の栗きんとん

 

 

そして「臼将(うすしょう)」!

事情によりリーダーを務めることになるため、駒の初期配置的には玉の場所にいる!

さらに、イメージ的に重いため、動きも当然玉と同じなのだ!

 

最後に「蟹玉(かにぎょく、愛称は「かにたま」)」!

悲しいことだが、「蟹玉」の死をもって「猿かに将棋」の開始のゴングとしなければならない……。

 

初期配置と詳しいゲームの進め方については、次回(完結編)を待ってくれ!