読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「当てていこう!」または「当てていこうぜ!」 その1

電話番号と宝くじ

 

スポンサーリンク

 

前回、漠然としたゲームのアイディアを幾つか書いてみたが、そのうち「実在の電話番号を使ったゲーム」は、もう少し内容が固まってきて、一応「ゲーム」として実際にプレイできそうなレベルまでには達したので、概要をメモしておこう。

ただし馬鹿馬鹿しい内容なので、真面目に、真剣に、戦略や思考を競い合うようなゲームを好む方は、ここから先はもう読まない方がお互いのためである。

このゲームは昨夜、何となく思いついた。

最初に書いたメモのタイトルは「電話帳で宝くじ」であった。

以下のような内容である。

 

電話帳を持ってきて、好きな電話番号を選ぶ。

その番号を、本物の宝くじの当選番号と照らし合わせる。

部分的に当てると、その部分はクリアする。

10桁のうち2桁の場合、当選金1億円に対して2000万円獲得する。

これを繰り返す。

「当たる」のではなく、探して「当てる」。

 

 次に、具体的な方法や必要な物について考えた。

 

もっとシンプルに出来ないか。

そもそも電話帳ではなくて、何か実在の、警視庁とか宮内庁とか、NHKとか、そういった電話番号のカードにすればいい。

そのカードの番号のうち、どれかが部分的に当たればよい。

たとえば連続した2桁か3桁かそれ以上の数が、部分的に合っているのを早く宣言したら点数になる。

そうやってカードを無くしていく。

 

電話番号カード・・・電話番号が書いてある。

宝くじカード・・・ここ十年ほどの当選番号が書いてある。

 

 

これでもう漠然とした骨格はできた。

 

このゲームは無意味だが、プレイヤーは熱くなるような気がする。

 

宝くじは「当たる」ものじゃない!

積極的に「当てる」ものなんだ!

当てていこうぜ!!

 

宝くじは「当たる」ものだと思っていませんか?

これからは「当てる」時代です!

 

老いも若きも、みんな揃って、当てていこうぜ!

 

まったく意味のないドキドキ感!

空転するリアル感!

不思議なご当地感!

 

無意味な闘争心に火をつけろ!

めまいを感じるほどのナンセンス!

このときめきを、今、あなたに!

 

これは自分で考えたゲームの案に関する感想と、売り文句がごちゃ混ぜになっている。

自分はこういう風にしてイメージを固めることが多い。

 

 

このゲームは出された絵を見て、手札に共通な絵があるかどうかを素早く見て判断するゲーム(確か「放課後さいころ倶楽部」にあった=ドブル)の構造と同じものだ。

ただ、それを無意味な数字の連なりに置き換えただけである。

しかし、その無意味さが「単なる無意味」以上の「面白い無意味」になっている(と思う)。

 

 

 

ドブル 日本語版

ドブル 日本語版

 

 

 「放課後さいころ倶楽部」の3巻に、「ドブル」というゲームの紹介がある。

このゲームのシステムが頭に残っていたらしい、と後から気がついた。

 

 

仮タイトル「当てていこう!」

仮タイトル「当てていこうぜ!」

 

 

タイトルは、ピンと来ないが仮に「当てていこうぜ!」としておく。

もっと、背景として「こういう行為をする理由付け」が必要かもしれない。

数行のコピーも大切だが、読んで面白そうと思ってもらえるような背景がないとダメだろう。

 

ゲームの背景(となるストーリー)。

 

西暦20xx年――日本経済はどん底の暗黒時代を迎えていた。

少子高齢化がますます進み、景気回復の見込みはゼロ。

EXILEレコード大賞受賞曲は「貧窮問答歌」である。

消費は冷え込み、人口は激減し、ベーシック・インカムで国民一人に毎月30万円をばら撒いても、誰も使おうとしない。

 

そこで政府は一計を案じ、宝くじの当選確率を大幅に上げた!

 

さらに、

電話番号のうち2桁以上が当選番号と一致していれば「当選」と見なすよう、宝くじ法を改めたのだ!

さらに、過去の宝くじの当選番号まですべて有効としたのだった!

 

 

さて、

ここは日本の中枢機関、大中小企業、宗教団体、観光施設のおよそ99.9999%を影で支配している「水がめ座ブラックコンツェルンの特殊照合作業員たちの集まる会議室である。

 

エキスパートでエグゼクティブな特殊照合作業員たちは「水がめ座ブラックコンツェルン」の関係各機関・企業ほか全ての電話番号と宝くじの当選番号を日々、手作業でチェックし、過去の分まで当選金を受け取れるよう、努めなければならないのだった!

 

さあ、今日もチェックして、当てていこう!

そして、日本経済を復活させよう!

 

「このゲームのプレイヤーは、水がめ座ブラックコンツェルンの特殊作業員となり、手早くスマートに電話番号と当選番号とを照合します。」

 

 さあ、当てていこうぜ!

 

(次回「その2」に続く)