読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「つけもの生活:一週間の攻防」の説明書(の下書き)

つけもの生活 一週間の攻防

 

スポンサーリンク

 

明日の午後は「つけもの生活:一週間の攻防」のテストプレーをすることになった。

その前の午前中に、少し仕事をしなければならない。

そのまた前の晩に、つまり今の話だが「つけもの生活:一週間の攻防」の説明書や得点表その他を整理して書いておかねばならない。

 

では早速、書いてみよう。

 

・・・・・・・

 

カードゲーム「つけもの生活:一週間の攻防」

 

・・・・・・・

 

概要

 

・プレイヤーはそれぞれが漬け物(主にぬか漬け)を漬けている、近所に住む顔見知り同士である(今後、友達になったりライバルになったりする可能性がある)。

 

・一週間の生活設計と行動を通して、誰がより美味しい漬け物を漬けることができるか、得点を競うゲームである。

 

 

・・・・・・・

 

人数:3から7名程度(4,5名を推奨)

時間:一時間弱

対象年齢:主に成人以上(子供も可)

 

 

・・・・・・・

 

ゲームの流れ

 

1.各プレイヤーの手元に5枚のカードを配る

 

2.「親」を決めて、親は自分自身のカードの内容を見てから好きな季節(春夏秋冬)を選択する。季節カードを中央に置く。

 

3.プレイヤーは山札から一枚引き、一週間の行動を月曜日から順に出してゆく。

Aさんの月曜日→Bさんの月曜日→Cさんの月曜日……、という順に一枚ずつ出す。

他のプレイヤーの出したカードを見て、自分の手札や計画と照らし合わせながら出す。

 

4.月曜から日曜まで、7枚を自分の前に(他のプレイヤーから見えるように)出したら、最後に仕上げ(反省・評価)として各自がサイコロを一回振る。出た目によって点数が決定される。

 

5.次の「親」にして、上記の1~4を人数分繰り返す。総得点が高いプレイヤーの勝ち。

 

 

・・・・・・・

 

カードの種類と効果

 

カードは、

行動を示す【外出】【自宅】、

人間関係を示す【フレンド】【ライバル】、

猫に関する【猫】【またたび】

の3系統がある。

一回の手番につき一枚を出す。*例外あり

 

 

 

A.行動

 

外出は「イベント」「飲み会」「料理教室」の三種類、

自宅は「読書」「勉強」「祖母(の訪問)」の三種類がある。

 

最も基本的な得点の方法は、行動カードを一週間の中でうまく配置することである。

 

 

・「外出」または「自宅」の三種類を1枚ずつ揃えた場合:30点

 

外出の「イベント」「飲み会」「料理教室」各1枚が一週間のどこかに入っていればよい。

 

・同じカード3枚が揃った場合:90点

 

「料理教室」「料理教室」「料理教室」、

「勉強」「勉強」「勉強」など、一週間のどこかに入っていればよい。

 

 

・同系統3種と同種類3枚のうち、1枚を兼用の5枚:100点

 

f:id:ankoro:20161001225133p:plain

 

 

なお、同種、同系統で揃えられなくても「外出」「自宅」の枚数が同数の場合、ボーナス得点の可能性がある。

 

 

 

B.関係

 

関係を示すカードは「フレンド」「ライバル」の二種類がある。

 

いずれも一週間の中で、出せるのはいずれか一枚のみ。

 

「フレンド」をどこかの曜日で出すと「友達を募集中」を意味する。

以降、他のプレイヤーが同様に「フレンド」カードを出すと友人関係が成立する。三人目、四人目以降は、「フレンド」カードを出している者全員がフレンド関係となる。

 

誰かが「フレンド」を出した後で

「ライバル」を出すと、ライバル関係となり、フレンドが増えた場合はその全員と敵対関係となる。

 

 

【重要】

「おしかけフレンド」「おしかけライバル」という方法。

 

誰かが「外出」行動をしている同じ曜日に、同じ場所へ外出した際に「フレンド」「ライバル」カードを出す(合計で二枚出す)と、

半ば強引に「フレンド」「ライバル」関係となることが可能。

 

誰かと強く「フレンド」または「ライバル」になりたい場合に使う。

この場合、一回の手番で二枚のカードを出すことになるが、手札が4枚になっても補充はされない(4枚のまま続ける)。

 

 

f:id:ankoro:20161001233255p:plain

 

 

C.猫(とまたたび)

 

猫を飼うには、一週間のどこかで猫のカードを出すことが必要。

 

猫を飼うことによって、他のプレイヤーにダメージを与える可能性が増す。猫は近隣住人宅へ忍び込み、漬け物の甕をひっくり返して帰ってくるからである(とりわけ「春」および「夏」)。

 

まれに他のプレイヤーでなく自分の漬け物甕だけをひっくり返されることもある。

 

一人で複数匹の猫を飼うことも可能。被害が生じる場合、2匹なら2倍、3匹なら3倍の効果となる。

 

 

【重要】猫の被害を避けるためには以下の方法がある。

 

1.フレンド関係であれば、被害は無効(何匹でもゼロ)。

2.「またたび」を週のどこかで購入する(タイミングとしては誰かが飼った後で購入しても可、ただし一匹に対して一つのみ有効)。

3.猫を飼う(タイミングとしては誰かが飼った後で飼い始めても可、ただし一匹に対して一匹のみ有効)

4.上記の2と3を組み合わせて、猫に2匹に対して「またたび1+猫1匹」で対抗することは可能。

5.ライバル関係の場合、「またたび」「猫」によって被害を防ぐことができなかった場合、被害は2倍のダメージとなる。ライバル関係を誰かと持っていた場合、自分のみに損害が生じた場合も2倍のダメージとなる。

 

 

・・・・・・・

 

「季節」ごとの傾向

 

春:猫のダメージ甚大。

 

夏:「イベント」「飲み会」などの外出やや有利、猫の被害:中

 

秋:「読書」「勉強」の自宅やや有利、猫の被害:少

 

冬:「料理教室」と「祖母(の来訪)」やや有利、猫の被害:少

 

 

 ・・・・・・・・

 

得点に影響する要素

 

・「フレンド」は常にボーナス対象。

 

・「外出」と「自宅」のバランスが1枚:1枚、2枚:2枚、3枚:3枚、のようにバランスが整っていると常にボーナス対象。

 

・年間を通じて他のプレイヤーが猫を飼うと被害の可能性あり。