読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「嘘レター」

5×5 エアライン

 

スポンサーリンク

 

いま考えている「5×5」というカードゲームは、マーク違いで、

 

太陽、月、星、雲+ハート=「愛の架け橋」

太陽、月、星、雲+飛行機=「エアライン」

 

の二種類がある。

数字は0~6まで。

どちらを使っても表面的なニュアンスが異なるだけで、同じルールのゲームができる。

 

追加でこれもできる、という案が今のところ一つあって、

「天国からの生還」

「地獄の心臓配達便」

である。

 

これに加えて、先日プレイしたトランプの「スペード」を元にした「嘘レター」というゲームを思いついたので、メモしておく。

 

まず「スペード」は以下のようなゲームである。

トランプのカード(山札)から、プレイヤーが順番に一枚めくって、マークを確認する。

マークがスペード以外の場合は、基本的にはハズレでその手番はお終い(例外あり)。

スペードの場合は、「スペード」と宣言して、伏せて自分の前に出す。

例外的に、スペードでない場合でも「スペード」と嘘をついて、伏せて出してもよい。

そのまま嘘が通ればよいのだが、この時に「ダウト」と誰かに言われてスペードでなかったら嘘がばれたことになって負けである(そのプレイヤーは終了)。

もし、ダウトを指摘した側が外した場合は、外した側の負けで終了。

「スペード」であると宣言したカードが貯まって、早く3枚になった人が勝ち。

 

「5×5」のカードを使った「嘘レター」は、上のルールとほぼ同様で、マークがハートであれば「ラブレター」と言って、伏せる。

嘘を指摘するのも同じ。

ただし「嘘レター!」と言って指摘する。

ラブレターだと宣言したカードが3枚になると勝ち。

 

 

f:id:ankoro:20170109193101j:plain

 

ただし、

途中で3枚に至らずに2枚か1枚で脱落してしまったプレイヤーは、本当にハートがあれば、その数字の大小によっては優勝の可能性が残る。

ハートの数字からその他のマークの数字を引いて、最終的に数の大小で勝敗を決めるからである。

よって1枚でもハートを通せば(例えばハートの5と太陽の2)、優勝できる可能性がある。

ラブレターが5通ある人は、普通の手紙が2通でも、差し引きで+3という意味で、モテているからである。

ハートの1と、ハートの2と、雲の6なら3枚でも差し引きで-3になるのである。

 

もし、3枚ともすべてハッタリ(ハート以外)であれば、それは完全優勝なので数字の大小は関係なし。

 

3枚ともハッタリ>差し引きでハートの数値が多い>ハートの数値が小さい

 

の順で強いのである。

この方がハッタリをする価値が高まるし、スリルも増す。また、ハート以外のマークが来た時の判断に厚みが加わる。

このカードには数字の「0」もあるので、本当に「ラブレター」だと正直に宣言してもプラスにはならないが、その時に「嘘レター!」と言ってきた人を刺す効果はある。

その点を含めると、おそらくトランプによる「スペード」よりも面白くなる筈である。

 

飛行機のマークの場合は「ラブレター」ではなく「エアメール」と言って伏せる。

その場合もやはり「嘘レター!」と言って嘘を暴く。こちらの場合は「エアメールを沢山もらっている人は国際的人脈があるので、偉い」という価値判断である。