読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「惑星大戦争」

 

スポンサーリンク

 

「エアライン」のカードのマークは「飛行機」「雲」「月」「星」「太陽」になる予定なので、このマークを利用した簡単なゲームを他にも考えてみたい。

今のところ「地獄の心臓配達便」「嘘レター」といった頼りないラインナップだが、名前だけは強烈で壮大な「惑星大戦争」がこれに加わることとなった。

 

このゲームは、森田健作主演のSF超大作「惑星大戦争」へのオマージュなのだ!

 

惑星大戦争  [東宝DVD名作セレクション]

惑星大戦争 [東宝DVD名作セレクション]

 

 

というのは嘘で、実際のきっかけになったのは「ゲーマーじゃんけん」を紹介しているこちら↓の記事である。

 

www.roll8.xyz

 

いつもやっているので有難味を忘れかけているゲーマーじゃんけんという決定方法だが、この記事の要約では以下の通り。

 

  • 一番多く「あいこ」となる手を出した人は脱落する
  • 最も少ない手だった人が生き残り
  • 脱落しなかった人で強い手を出していた方が勝ち

 

私なりにもっと要約すると、

「ランダムに出てくる三つの記号のうち、二つ以下に絞らないと勝敗を決定できない。そこで多数派を除外すると便利!」

ということになる。

 

それなら、五つ以上の記号があってもうまく勝敗を決定できるのでは?と考えて作った、というより単にゲーマーじゃんけんの理屈を当てはめてみたのが「惑星大戦争」である。

 

~「惑星大戦争」の遊び方~

1.カードを各プレイヤーに同じ枚数だけ配る(例:5人なら7枚)。

2.各自が一枚を伏せて出して、せーので一斉にめくる。

3.勝敗の決定は、まずカードの記号が多数派であれば多い順に除外される。少数派が同数なら1マーク1名になるまで繰り返す。

4.マークの強さの序列は以下の通り。

 

太陽:太陽にいる超生命体〔最も強い〕

星:金星人による軍隊

月:月世界人の軍勢

雲:雲の国の軍隊

飛行機:人類の兵士らを乗せた飛行機〔最も弱い〕

 

序列はイメージ的に地球に近く、小さい存在が弱い。

飛行機から次第に雲、月、星(金星)、と遠くなって最後が太陽である。

 

5.これだけだと太陽が強すぎるので、太陽と飛行機の一騎打ちになった場合に限っては「飛行機が太陽に勝てる」としよう。

つまり、

 

太陽:1

星:1

月:1

雲:2

飛行機:1

 

この場合は最少数派が1なので、序列によって太陽が勝ち。

 

太陽:1

星:0

月:2

雲:2

飛行機:1

 

こうなると太陽と飛行機のみが最少数派になる(ゼロは数えない)ので、一騎打ちになる。よって飛行機の勝ち。

 

6.上記のカードを一枚出す、勝敗を決める、という行為を繰り返して、カードがなくなった人から終了。最終的に勝った回数の多い人が勝ち。プレイ時間は約5分。

 

 

~「惑星大戦争」Q&A ~

 

質問1:なぜ、弱いはずの人類が太陽に勝つケースがあるのでしょうか?

 

回答:普通の勝敗の序列は「地表からの距離」の順として、わかりやすくしてみました。

例外として、他のマークが全くない状態で1対1のときのみは人類が太陽に勝ちますが、地球人類は太陽光から発電してみたり、植物が光合成していたり、利用するのが上手いからです。柔よく剛を制すです。

 

 

質問2:私は太陽で一回勝ち、金星で一回勝ち、雲で一回勝って、総合的に最も多く勝ちましたが、あちらこちらの軍隊を指揮して勝つのは不自然ではありませんか。一体、これはどんな戦争なのでしょうか?

 

回答:サッカーのクラブチームの監督は、数年~十数年のうちにあちこちのチームを渡り歩きます。スケールがそれよりもずっと大きい「惑星大戦争」でも、あちこちの軍勢を率いて、しかも常勝の指揮官がいるのです。

つまり、あなたのような人は「宇宙将軍」と呼ばれたりもする、伝説的な、凄腕の指揮官なのです。

 

 

質問3:あいこが2~3回ほどあって結局勝てないことが続くと、カードを消費するペースが速くなるので損をした気分です。

 

回答:裏を返せば、早々に多数派として除外され続けた人には後々のチャンスが得られるのです。つまり「勝ちすぎ」を減らし「負けすぎ」も減るので、このままでよろしい。あなたは丁度、ど真ん中にいるせいで損も得もしていないのでは?