読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水がめ座すごろくの開発日誌

ゲーム製作のメモやその他あれこれ

「カードを放棄する」という技

 

スポンサーリンク

 

前回の続き。

カードの使い方で、

「自分の手番の時にカードを一枚捨てる(放棄する、使用しない)ことによって、相手の駒を一個だけ消失させることができる」

というのはどうか。

この技を使うタイミングは難しい。

いきなりやると得なのか損なのか、判断に迷う。

小物同士で戦っていて、そこに大物(4とか5)が入ってきたらそのタイミングで消す、くらいが良いのか。この技は一度だけ使える。

 

f:id:ankoro:20170129052700p:plain

 

あまり「何でもあり」にしてしまうとつまらないが、自分も相手も同じ条件なので、バランスは崩れない。

とりあえずあれこれ思いついたものは足していこう。

と言ってもカード全体の枚数は「15枚」「12枚」と減っていって現在は10枚が良いと考えている。これを10回の手番で10枚、自由な順番で使用して、それを2セットやったら終了、つまり手番20回での点数を競うというのが分かりやすいのではないか。